紙を使って、重いものを支える橋の形を見つけます。紙をそのまま渡しても、重りですぐに落ちてしまいます。どうしたら強い紙の橋ができるのかを考えます。両端を折り曲げるとどうなるかな? いろいろな形を試して、丈夫な橋の形を見つけましょう。

「理科の芽・わくわくチャレンジ」の生みの親、東京学芸大学附属世田谷小学校 大澤俊介先生からのメッセージはこちら

いまだけ公開中

準備するもの

  • A4サイズの紙 1枚
  • 本や筆箱など(橋の土台用)
  • 消しゴムなど(重し用)
※必ず大人と一緒に、安全に十分配慮して遊ばせてください。
※wifi環境下でご利用になることをおすすめします。