たのしーと制作者インタビュー「遊びながら学ぼう!」

「あそびは最高の学び」をコンセプトにスタートした「放課後たのしーと」は、
東京学芸大学、東京学芸大こども未来研究所との共同研究のもとに、
さまざまなジャンルのプロが制作・監修を担当しています。
「放課後を過ごす子ども達が夢中になれる遊びを提供したい」。
A4サイズのプリントに込めた、制作者の思いを紹介します。
(撮影:村上宗一郎 撮影協力:東京学芸大学)

第4回 東京学芸大学 児童・生徒支援連携コンソーシアム特命助教 田嶌大樹さん

第4回 東京学芸大学 児童・生徒支援連携コンソーシアム特命助教 田嶌大樹さん

2020.08.18

「放課後たのしーと」で「体あそび」を監修している、東京学芸大学 児童・生徒支援連携コンソーシアム特命助教の田嶌大樹さん。東京学芸大学の放課後児童クラブの運営にも関わっています。運動あそびと子どもの能力…続きを読む

たのしーと制作者インタビュー「遊びながら学ぼう!」

お知らせ